Wolters Kluwerの一員となり、Tagetik SoftwareはCCH Tagetikになりました。 続きを読む

×
国を選択してください

バーゼルIII

流動性を思い通りに管理する




現在バーゼルIIIは段階的に施行されており、その基準は発展の過程にあります。銀行は規制の変化に対応し、確実に準拠していく必要があります。そのためには、自己資本比率の要件を満たし、リスクを最小限に抑えなくてはなりません。


CCH Tagetikのファイナンシャルインテリジェンスは、レポーティングを自動化し、ガイドラインの変更にあわせてキャッシュと資本の配分を最適化することを通じて、確実なコントロールを可能にします。

Solvency II

課題


Financial Reporting (FinRep) and Common Reporting (CoRep)

メリット


コンプライアンスコストを低減

ソリューションとデータセットを1つに統合することでレポートプロセスの重複を解消し、コンプライアンスコストを低減します。

レポーティングシステムを統合

スプレッドシートや手作業を統合されたレポーティングシステムへ置き換えることで、単一のデータソースからフィナンシャルレポート、管理レポート、コンプライアンスレポートが自動的に出力されるようになります。

統合計画とモデリング

統合計画とモデリングにより、コンプライアンスシナリオの影響をモデル化します。

業績改善

バーゼルIII規制を考慮したデータに基づいて意思決定を行うことで、業績を改善します。

負担を軽減

シナリオモデリングを使った負荷テストや簡単に操作できる比較レポートにより、負担を軽減します。

迅速な対応

迅速な対策が重要です。CCH TagetikのソリューションがあればバーゼルIIIの規制変更にも簡単に適応でき、クラウドへの移行も可能です。

バーゼルIII対応のCCH TAGETIK統合型企業経営管理ソリューション

 

リスクの評価、スコア付け、軽減

グループから部門まで複数のレベルでリスクを特定/マッピング/評価し、リスクに優先順位を付けることでその影響を軽減します。CCH Tagetikのリスク管理では、リスク評価/スコア付け/軽減を迅速に実行するだけでなく、規制変更に素早く対応できる柔軟性を備えています。

 

財務ガバナンス

データと取引全体で完全なトレーサビリティが確保されているので、取引の担当者、日時、場所、理由を把握できます。コントロール、しきい値、検証、承認を設定すれば、財務パフォーマンスに影響を及ぼす可能性のあるオペレーションリスクを的確に管理できます。

 

予算編成、計画管理、見込/着地予想

カスタマイズ可能なワークフローとデータマッピングを使ったプロセスの自動リンクにより、ソルベンシーIIを含むあらゆるレポーティング要件をサポートします。予算編成、計画管理、モデリング、連結会計の最新機能を1つに融合したCCH TagetikのCPMソリューションは、高精度の数値から法定レポートを作成します。

詳しくはこちら

 

収益性とコスト管理

直接費/間接費の配賦を商品レベルにまで適用し、収益性を監視、測定、モデル化します。バーゼルIIIの規制基準を計画管理プロセスに組み込むことで、完全なリスク調整を可能にします。

詳しくはこちら

お客様の声

get started

CCH Tagetikへのお問合せはこちら


お手数ですが以下の必要項目をご入力の上、送信ボタンをクリック/タップして下さい。担当者から折り返しご返事させていただきます。