×
国を選択してください

2分間デモ: プロフェッショナルサービス業における雇用計画管理


プロフェッショナルサービス組織で最も重要な資産である雇用計画を管理し予算化するベストな方法をご確認ください。


ビデオを視聴する

ビデオ字幕

要員計画、および専門サービスでは、まず、リソースのコストと収益レベルを適切に見積もることによって、 特定のプラクティスグループまたはサービスユニットが持つ能力を見積もることが可能になります。見積もることが可能になります。 所属するオフィスレベルでも、あるいは特定の場所の個々のプラクティスグループまたはサービスユニットでも、 スタッフィングのニーズを適切に評価することが、このプロセスの第一歩といえます。 個人名レベルで、ある部署から別の部署への従業員を異動させることによって、計画を立てることができます。 また、個人名ベルだけでなく、各ポジションに必要な人数、または工数を定義することによって、ポジションレベルでも計画する機能も備えています。 スタッフの経費面が処理されたら、次に最も論理的なステップは、これらのポジションがどのように収益計画に寄与するかを確認することです。 内蔵されているドライバベースのシミュレーション機能により、代替収入の実現パターンを予測し、 methodologies to estimate alternative billing rates by location that will affect our ultimate Revenue plan 複数の方法論を活用して最終的な収入計画に影響を与える請求レートを部署別に予測することができます。 実際には、これらのドライバのおかげで、事前準備を可能にし、個人名レベルだけでなく、ポジションレベルで分析することができます。 また、請求された時間数は、最も詳細なレベルでの収益性を把握できることを示しています。 もちろん、その場でデータを連結、集約することも可能です。 例えば、このように特定の地域の全体を見てみると、 損益計画の観点だけでなく、貸借対照表およびキャッシュフロー計画に関しても同様に連結、集約することが可能です。

その他のビデオ