×
国を選択してください

2分間デモ: 運営費(OPEX)計画策定方法


CCH Tagetikを活用することによって、ユーザーは、取引明細、行項目の活用、データの整合性チェック機能など、自社のERPにドリルスルーことでOPEX計画策定を柔軟に行うことができるようになります。


ビデオを視聴する

ビデオ字幕

CCH Tagetikは、部門のコストセンターやその他の組織構造レベル、事業部門別の営業経費の計画を立てることができます。 この例では、CCH Tagetikのホームページからワンクリックで、特定の部門の費用にアクセスできます。 私の直接経費と間接経費の両方を1つのフォームで見てみましょう。 今給与支出のセクションのセルが白色になっています これは、人件費予算をより詳細レベル(名字、名前等)で 参照可能(編集不可)ということです。 一方、固定費のセクションでは、セルが黄色になっていますが、 これは編集可能ということです。 最下層には、CCH Tagetikのビルトインされた配賦エンジンを使用して 自部署に割り当てられたITコストの可視化できます。 ここで、固定費の予算計画を立てる前に、過去の実績を参照したい場合、 実際に、GLサブシステムに様々な分析やドリルスルーを行い、 サプライヤ情報、請求書の発行日まで含めて、 来年度予算を計画策定するのに役立ちます。 計画策定には、Excelと同じように入力や値の追加、 ドラッグ&ドロップ、Ctrl+Z等のショートカット・キーを使って 自由に修正可能です。当然、数式の使用や、他のセルの参照も可能で 12ヶ月で割ることや、さらに高度なExcel構文を使用することができます。 CCH Tagetikの標準機能で統合的に計画を策定できるので、 例えば、比率やシナリオに基づく様々な方法から選択して、 前年度実績から季節毎に調整に変動を反映させることができます。 比率を選択した場合、既存の数値を基準にして、合計値に反映させることができます。 または、特定の比率に分散させることも可能です。 さらに、固定費の全額を4分割し、その変更を直ちに反映することもできます。 自分の割当分の作業が終了すると、CCH Tagetikのデータ検証機能を実行して、 ユーザーが事前定義した特定の業務ルールを尊重できるようにします。 毎月の残高をさらに詳細に把握したい場合は、CCH Tagetikの明細機能を活用することができます。 旅費交通費をクリックして、個々の詳細を確認することができます。 最初に明細に説明を入力して、経費を入力できます。 当然ながら、CCH Tagetikのすべての明細とその説明についてもレポート出力可能です。

その他のビデオ