×
国を選択してください

2分間デモ: IFRS第17号


数年後に新基準が適用されるIFRS第17号に対し、CCH TagetikでBBA、PAA、VFAの方法論に基づいて発行された保険契約を組込み計算およびレポートエンジンによって適切に評価する方法を本ビデオで御覧ください。


ビデオを視聴する

ビデオ字幕

CCH TagetikのIFRS17ソリューションは、 2021年1月1日から適用が開始されるIFRS第17号に準拠したものです。 この新基準では、保険契約/再保険契約の認識、測定、表示、開示が 規定されています。ソリューションを簡単に説明しましょう。 新基準をプロセスという点から見ると、GLを超えたポリシー管理や 保険数理システムなど複数のサブシステムの統合が必要になります。 データは、抽出と評価単位での正規化が完了すると、 BBAまたはPAA手法に基づいて契約グループを処理します。 この処理では、CSM (契約上のサービスマージン)、不利な契約、 発生保険金に係る負債といった重要な測定や、 新基準で義務付けられている計算が行われます。 さらにデータは、CCH Tagetikソリューションの様々なレポートで分析できます。 必要なレベルで集計されたデータは、GLやデータウェアハウスにエクスポート されます。また、連結システムに連携し、情報開示に使用することも可能です。 非常に直感的なインターフェースで、割引前と割引後のキャッシュフローを 簡単に参照できます。 このキャッシュフローをもとに、将来キャッシュフローの現在価値、財務以外の リスクの調整が計算されます。 また、CSMで収受保険料の未稼得利益を計算することにより、 CSMがマイナスになる保険契約を明確に特定します。 これら4つの機能は、IFRS第17号で推奨される 「BBA (ビルディング ブロック アプローチ)」を構成する要素となっています。 これにより、キャッシュフロー、リスク調整、サービスマージン、 不利な契約を測定期間ごとに分析することが可能になります。 特定の要件を満たす場合には、IFRS第17号で推奨されている 簡便法にも対応しています。 これは保険料配分アプローチと呼ばれ、任意のタイミングと測定レベルにおいて、 BBAとPAAのアプローチを評価単位で容易に比較できます。

その他のビデオ