×
国を選択してください

2分間デモ: 分析レポーティング


CCH Tagetikは直感的な分析機能を活用することによってインタラクティブにデータを可視化し、有効な分析を組織全体で簡単に共有し、エンドユーザーがデータにすばやくアクセスする方法をご紹介します。


ビデオを視聴する

ビデオ字幕

CCH Tagetikの標準レポート機能を活用することで、 データの訴求と魅力的な分析の共有が強化されています。 その優れた例を見てみましょう。 このケースでは、より多くの視覚的指標を活用しながら、相互作用のレベルを上げることによって、営業経費のレポーティング機能が強化された例を紹介します。 ファイナンシャル・アナリストは、迅速かつ簡単に、概要レベルのKPIを通じて組織全体を把握することができ、 チャートやウィジェットとやり取りして、固定費と変動費の間で分析を集中させることができ、さらに、CCH Tagetikのランキング機能を駆使して、個々の勘定科目レベルでより詳細な分析することができます。 さらに多次元分析を行うためには、全ての原価センタから供給と購買部門のビューを切り替えて、 結果を更新したり、より高いレベルの対話で増加させることで、 特定のコストセンターをドリルダウンすることができます。 1月から3月にかけて分析を拡大したい場合は、第1四半期だけに焦点を当てていても、スライシングとダイシングから操作を開始することが可能です。 ビジュアルインジケータのように、ビルトインのキープマップと棒グラフを活用して、この新しいビューを既存のビューに再度視覚化することもできます。 もちろん、同じ機能を、特にHRの分野でも、より多くの統計分析に利用することが可能となっています。 様々な従業員の情報から、給与のレンジ毎にどれくらいの人数がいるか、あるいは、 異なる部門毎の男女比率(FTEベース)等、様々な分析に利用可能です。 海外と国内の顧客間の比較分析をより多く行うことにより、収益面にも利用可能できます。 特定顧客と他の特定顧客間で切替えにより、分析に焦点を当てることが可能になります。 その分析によって、チャートとグラフがすぐに更新されるのを御覧ください。

その他のビデオ