お客様とパートナー向けに設計された専用ポータル

ログインする

アクセス権を要求する

ブログ
logo
logo
countries flags

EVAPCOがデジタルファイナンス組織を確立した方法

EVAPCOは、熱伝達アプリケーション向けのグローバルなリソースとソリューションを備えた、業界をリードする米国の製造会社です。 CCH Tagetikを導入する以前は、連結決算は長くて面倒なプロセスであり、1人の人がExcelで完了していました。スプレッドシートと手動プロセスに妨げられて、EVAPCOの財務チームはデータの一貫性に関連する問題に定期的に遭遇し、US GAAPの海外法人の適応に苦戦していました。

現在、ECHAPCOは、連結決算、財務および経営管理レポート、リース会計(ASC 842およびIFRS 16の場合)にCCH Tagetikを使用しており、年度末の連結決算を6週間から2週間に短縮し、連結仕訳入力の60〜70%を自動化しています。

章ごとにビデオを見る

第1章:EVAPCOの概要とエンタープライズプラットフォームの機能

CCH Tagetik North AmericaのアカウントエグゼクティブであるSteven Davisが、EVAPCOの会計ディレクターであるKurt Bowmanを紹介します。Kurt Bowmanは、EVAPCOは財務チームが定期的に遭遇し、スプレッドシートと手動プロセスによって妨げられた、データの一貫性に関連する問題とUS GAAPに適応させた外貨建ての修正仕訳を入力する難しさを語ります。

ビデオを見る 

第2章:CCH Tagetikで複雑なコンプライアンスを簡単にする方法

CCH Tagetik North AmericaのソリューションコンサルタントであるMario RoncadorとEVAPCOの会計担当ディレクターであるKurt Bowmanが、連結会計、財務および経営報告およびASC 842とIFRS 16ソリューションのリース会計のプロジェクト実装について語ります。また、彼らがどのように年次連結決算に掛かっていた時間をそれまでの6週間から2週間に削減し、連結仕訳入力を60〜70%自動化し、同じ環境で行うことで、すべてのコンプライアンス問題を管理できるようになったかを語ります。

ビデオを見る 

第3章:財務情報が不可欠な理由:CCH Tagetikソリューションのデモ

CCH Tagetik North AmericaのシニアソリューションスペシャリストであるSadek Fahmyが、興味深いデモを通じてソフトウェアがどのように機能するかを示します。

ビデオを見る