お客様とパートナー向けに設計された専用ポータル

ログインする

アクセス権を要求する

ブログ
logo
logo
countries flags

ECE

ECE:CCH Tagetikのソフトウェアソリューションの導入により、計画管理、分析、連結会計を刷新

導入事例をダウンロードする

挑むべき課題

不動産会社であるECE Projektmanagement G.m.b.H. & Co. KG(ECE)は、ショッピングセンターの開発、販売、リース、運営に特化した企業です。大きな資本を必要とする事業であるため、月次キャッシュフロー計画が必須です。現在、199のショッピングセンターとおよそ50の不動産プロジェクトの開発が進行中であり、このプロジェクトはCCH Tagetikのソフトウェアに2016年8月から記録されていました。同社は、2014年12月から計画管理ツールの新規導入プロジェクトをスタートしており、その準備は2年前から着手されていました。

新規ツール導入の検討を始めるきっかけとなったのは、計画管理担当者の不満増大と、Excelでは対応しきれない計画管理プロセスのニーズ拡大でした。また、 本社の財務部門でも、Excelスプレッドシートにあるデータウェアハウスからデータを取得し、正確に処理しなければならず、負担が増加していたのです。さらに、グループ企業が個々に進めている計画管理工程の追跡も困難になっていました。そのため、担当者は不満を募らせ、残業時間も増えていました。

CCH Tagetikのソリューション

ECE Projektmanagement G.m.b.H. & Co. KG(ECE)は、CCH Tagetikで月次キャッシュフロー計画を完全に統合し、駐車場端末から入金された駐車料金からキャッシュの把握に至るまで、プロセス全体を管理しています。計画管理データは、60ほどあるグループ企業のユーザー300人が、専用のExcelベースのフォームを使って入力します。計画管理プロセスは、高度なワークフローによって管理されており、本社の財務部門は複雑な分析を実行し、経営管理に関する意志決定に役立つデータを経営陣に提供しています。

利点

信頼できる財務計画と分析

信頼できる財務計画および分析を提供し、意志決定の基盤を構築

Excelとの統合

Excelと統合されているため、ユーザーが受け入れやすい

予備計画との統合

専門部門が行う予備計画との統合により、プロセスを効率化

他のコントロールプロセスと統合

高機能の拡張可能なモジュールアーキテクチャを採用することで、コントロールプロセスの継続的な統合が可能に

複雑な分析

本社の財務部門は、複雑な分析を必要に応じて実行

計画管理プロセスを最適化

高度なワーフローで計画管理プロセスを管理し、月次キャッシュフロー計画を完全に統合

お客様の声

流動性計画と経営管理の統合という我々の急務に対応できるソリューションは、CCH Tagetikだけです。

ECE、コントロールおよびリスク管理担当ディレクター、Ulf Steinhop氏