×
国を選択してください

ガートナーの調査結果:目前に迫ったIFRS第17号について、保険会社のCIOが知っておくべきこと


ガートナーの推奨事項を参考に、新基準に備える

ダウンロード

高評価のCCH Tagetikをご覧ください

要約:


 

 

 

 

2021年1月に適用が開始されるIFRS第17号は、財務会計、保険数理モデル、レポーティング、財務分析システムに大きな影響を及ぼします。この新基準に準拠するには、IT部門は厳しい日程内でエンドツーエンドのソリューションを導入し、システム間に存在する大きなギャップを埋めなければなりません。

業界トップのアナリスト会社であるガートナーは、このレポートの中で、IFRS第17号が保険会社にどのような影響を与えるかを明確に解説しています。

新基準へのコンプライアンスに取り組む保険会社に向けて、ガートナーが推奨事項をまとめたレポートをダウンロードいただけます。

レポートをダウンロードする:

IFRS第17号への対応を目的とするCCH Tagetikの最新ソリューションが、財務管理ソリューション部門において2018年CODiE賞に輝きました。この賞は、測定モデルの管理、データの再配置、堅牢性に優れたレポーティング/情報公開ツールなど、保険会社をサポートするCCH Tagetikの機能が高く評価されたことを実証しています。

IFRS第17号とは


 

IASB(国際会計基準審議会)が2017年5月に公表したIFRS第17号は、保険契約に関する新たな国際財務レポート基準です。保険会社は、2022年1月1日までに準拠することが義務付けられています。IFRS第17号の目的は、保険契約の権利と義務に関する財務透明性を向上し、比較可能性を確保することにあります。IFRS財団によれば、EU加盟国など世界中のIFRS管轄地において保険業務を展開する450の上場会社に適用される予定です。


 

ガートナーについて

ガートナーは、世界最大規模のリサーチおよびアドバイザリ企業であり、S&P 500のメンバーです。ビジネスリーダーに不可欠な知見、アドバイス、ツールを提供することで、ミッションクリティカルな優先事項の達成と将来に向けた体制作りをサポートします。


 

ガートナーの調査結果「目前に迫ったIFRS第17号について、保険会社のCIOが知っておくべきこと」、Juergen Weiss著(2018年3月7日)。ガートナーは、本リサーチに記載したベンダー、製品、サービスを承認するものではありません。また、高評価や他の指定が行われたベンダーのみを選択するように助言するものでもありません。ガートナー・リサーチによる出版物の内容はガートナー・リサーチ組織の見解であり、事実を述べたものではありません。ガートナーは、特定目的への商品性または適合性の保証を含む、本リサーチに関する一切の責任を、明示または黙示を問わず負うものではありません。GARTNERは、Gartner, Inc.および米国または国際的な系列会社の登録商標およびサービスマークです。無断転用禁止