×
国を選択してください

US GAAP (米国GAAP、米国会計基準)

US GAAP (米国GAAP、米国会計基準) は、米国におけるGAAP「一般的に公正妥当と認められている会計原則 (Generally Accepted Accounting Principles)」で、米国SEC(米国証券取引委員会、US Securities and Exchange Commission)により発行されている会計基準とガイダンスです。最新のフレームワークは2015年1月1日に発行されました。


この基準の目標は、異なるエンティティの間でも全く同一の基準による比較が可能となるように、企業が提出する開示報告内容における差異を削減することにあります。従って、US GAAPには財務情報を報告する際に企業が従わなければならないルールと計算が含まれています。US GAAPは米国企業にマッチしているとは考えられるものの、国際比較により適した報告基準として、US GAAPの代わりにIFRS (国際財務報告基準、国際会計基準; International Financial Reporting Standards)を選択していくことが予定されていますが、アドプションあるいはコンバージェンスも時間を要しています。


US GAAPは、SECのルールに準拠する公開企業に適用され、投資家、社外の利害関係者、及び市場が企業の財務情報を比較し評価可能とするのが目的です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示管理