×
国を選択してください

セグメント別報告 (セグメント情報、IAS 第14号、IFRS 第8号)

セグメント別報告(セグメント情報による財務報告)は、国際会計規則 IAS 14号によって定められた概念です。IASplus.comによると、「IAS 第14号 によるセグメント別報告は、事業別、もしくは地域別の財務情報について報告することを求めている。プライマリセグメント別報告様式とセカンダリセグメント別報告様式による開示を要求しているが、プライマリ様式は当該エンティティのリスクとリターンが特定の製品もしくはサービスによって明らかな影響を受けているか、もしくは異なる地域で事業を展開しているという事実があるかに基づいた様式となっている。


IAS第 14号は1997年8月に発行され、1998年7月1日以降に開始される年度について適用されることとなった。その後、IAS第14号は、2009年1月1日に適用が開始されたIFRS 第8号 『事業セグメント』により置き換えられた。」


すなわち、事業ライン別、及び地域別の財務情報を報告する上での原則を確立するのが目標で、対象となるのは株式もしくは債券が公開市場で取引されている企業、及び市場への公開の準備プロセスにある企業です。IFRS第8号では、マネジメント・アプローチが取り入れられ、より経営の視点に合致したセグメント情報の報告が求められています。

 


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

経営管理レポート