×
国を選択してください

ローリング・フォーキャスト

ローリング・フォーキャストとは、常に現在を起点とした一定の長さを持つ、将来の継続した期間に関する予測を継続的に行うフォーキャスト・レポートであり、一般的に、履歴データ・以前のフォーキャストデータに加えて最新の実績データが活用されます。ローリング・フォーキャストは、財務、サプライチェーン及び予算・プランニング業務において利用され、意思決定において不可欠な基礎的なデータとして位置づけられます。静的な期間、例えば4月から3月のような期間により予測数値を提示する予想とは異なり、月次のローリング・フォーキャストでは、一か月が過ぎた段階で当該月に関する数値は取り除き、新たに従来のフォーキャスト対象期間の最終月の翌月を自動的に新たにフォーキャスト対象期間として加えます。この方式により、将来を常に最新の数値と一定のタイム・フレームにより見ていくことが可能になります。


事業環境が目まぐるしく変動する今日においては、ローリング・フォーキャストは不可欠なツールとなっていると言えます。ローリング・フォーキャストを活用することで、変動によるインパクトを抑えながら注力分野を再検討する、本格的な計画を立案することが可能となるのです。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

モデリングとフォーキャスト