×
国を選択してください

リスク管理 (リスクマネジメント)

リスク管理 (リスクマネジメント) は、リスクを測定するとともに、当該リスクをコントロールし、最小化もしくは除去するための戦略を開発するプロセスです。ISO31000では、「目標に関する不確実性によってもたらされる影響」であると表現しています。あるリスクが受け入れ困難であると判断された場合、当該リスクを管理し軽減するために、企業は以下のようなさまざまな手段を用います。

  • リスク発生を仮定する: 大きなリスクが生じるのを防止するため、些細なリスクはあえて受け入れる。
  • リスク回避: 全てのリスクを排除することが困難である場合、可能な限り多くのリスクを回避あるいは影響が及ばないようにする。
  • リスク保持: 当該リスクによる影響が受け入れ可能であると判断される場合、一旦そのリスクを受け入れた後、いかにして消滅させるかを検討する。
  • リスク移転: 保険に代表されるように、自社のリスクを契約に基づいて他者に移転する。
  • リスクモニタリング: 継続的に事業へのリスクをトラッキング・モニタリングする。
  • リスク共有: リスクの結果として生じる事象が他者と共有可能な場合がある。一例として、サプライヤーとのリスク共有など。

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

企業パフォーマンス管理ソフトウェア