×
国を選択してください

リスク評価(リスク・アセスメント)

リスク評価(リスク・アセスメント)とは、企業の組織やプロセス、業務、テクノロジー、戦略、人々について全容から詳細に至るまで見ていき、リスクが生じる可能性のある点を識別し、そうしたリスクのインパクトについて検討するプロセスです。リスクは、金融市場における不確実性から個別プロジェクトの失敗、法的責任、自然災害、サプライチェーンの欠損に至るまで、あらゆるところで発生する可能性があります。リスクが認識されると、そのリスクが現実になった場合の影響について予測するとともに、リスク事象発生の防止、最小化、モニタリングと統制、並びに万一の際の代替案についても検討していきます。


リスク評価には、多くの場合以下の三つの側面があります。

  1. リスク事象の認識。ビジネスを毀損する可能性のあるリスク要素を認識するプロセス。
  2. リスク評価と分析。リスク事象発生の可能性とその影響度の大きさについての検討。
  3. リスクコントロール。リスクをコントロールする、あるいはリスクを除去する手法の計画を立案。リスク発生、もしくは発生しても最悪のシナリオとなることを防止。

リスク評価は、以下のタイミングで実施される必要があります。

  • 新しい事業に着手する前
  • 条件の変化に伴い行動を変化させる場合
  • リスクが認識された際
  • 新しいリスクが突発しないように、定期的に

リスク評価は、法務・広報・財務面への悪影響を含む損害が生じるのを防ぐ点で、非常に重要です。内部統制が適切に機能し、破壊的事象に優先的に対応できるかどうかの判断も行います。


CCH Tagetikがどのように以下を提供するかを知る:

企業パフォーマンス管理ソフトウェア