×
国を選択してください

報告 (レポート)

ここでいう報告とは、企業に関する報告(レポート)のことで、企業がその成果について測定し、収集し、描き出していくとともに、業績データの持つ意味を伝達するプロセスのことです。この報告にも、以下のようにさまざまな種類があります。

  • 経営管理レポート
  • 開示報告
  • 年次業績報告
  • 四半期レポート
  • フォーム10K 及びフォーム 10Q のレポート
  • 法定報告(制度報告)
  • 販売レポート
  • 財務報告
  • 業績報告

決算から開示に至るプロセスにおいては、財務報告は連結数値による連結プロセスを経て作成されます。


ここで、報告に関する課題が浮かび上がります。報告を作成するに当たって、組織のさまざまな領域からデータを収集するため、少なからぬ関係者にデータ入力の協力を仰ぐ必要がありますが、ここが報告にエラーを紛れ込ませ実質的な欠陥を生じさせる原因にもなります。具体的には、手入力エラー、ミスコミュニケーション、情報の共有とトラッキングにおけるミスなどが生じる可能性があります。ここで、報告プロセスを自動化することで、相当部分のエラーを削減することが可能になります。ここでいう具体的な自動化機能としては、データ更新の一元化 (シングル・バージョン化)、複数ユーザーのサポート、変更をトラッキングしユーザー間のコミュニケーションを実現するコラボレーション、更に報告作成を担当するマネージャーが進捗をトラッキングし、変更点を確認し、ボトルネックとなる可能性のある点を管理することが可能なワークフロー機能が挙げられます。これらが可能なツールによって、報告作成プロセスをシームレスかつ正確に行うことが可能になります。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

経営管理レポート 分析レポート 開示管理