×
国を選択してください

規制目的会計基準 (RAP)

規制目的会計基準 (RAP; Regulatory accounting principles) は、低価値となった貯蓄貸付組合 (S&L) が、連邦住宅貸付銀行理事会(FHLBB; Federal Home Loan Bank Board)によって課せられた資本規制を満たすことを意図的に手助けすることを目的に制定された会計基準です。この規制目的会計基準(RAP)は、そうしたS&Lが無形資産の利益と損失について長期にわたり償却することを認めています。このルールは善意の下に制定されたのですが、S&Lの純価値を膨らませる効果があったために、1980年代のS&L危機の原因ともなりました。そのため、RAPは1989年の金融機関改革・救済・執行法により消滅していくこととなりました。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示とコンプライアンス