×
国を選択してください

リコンサイル管理 (照合管理、突合管理)

月次の締め(月次決算、月次クローズ)に不可欠なのが、二つのセットのレコードについて照合し、それらが正確であることを確認するリコンサイル管理(照合管理、突合管理) です。リコンサイル管理は、勘定に残されている資金が使用された金額と合致しているかどうかを確認する、重要なプロセスです。勘定のリコンサイルはお金が不明になっていないこと、不正に引き出されていないことを保証します。


最近まで、リコンサイル管理は勘定のバランスを確認し制度・監査上の要求を満たすために必要でありながらも、労働集約型で、ボトルネックとなりやすいプロセスでした。特に、さまざまな地域で事業を展開している企業や複数の異なるレベルの勘定を有している企業にとっては、データのバージョンやデータのタイプがバラバラであるため、負荷の高い作業でした。そこで、財務経理部門の多くはスプレッドシートや紙によるリコンサイル(照合、突合)に代わる連結決算ソリューションを導入してきました。すなわち、様々なプロセスを有する様々な事業ラインの様々な規模のエンティティについて、照合と例外処理を自動化することの必要性が認識されたのです。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算