×
国を選択してください

収益性分析

収益性分析は、企業が利益を生み出す力を理解することを目的とします。すなわち、顧客や地域、製品、ユニット数、価格といったドライバーを分析しつつ収益性データにドリリングしていくことで、どのドライバーが利益を生み、どのドライバーが損失を生んでいるかの分析を行います。


一般的なドライバーとしては、以下が挙げられます。

  • 事業セグメント
  • 製品/サービスタイプ
  • 販売チャネル
  • 地域
  • 顧客タイプ
  • 個別顧客
  • 生産プロセスにおけるステージ

それぞれのドライバー において、どの要素が最も収益に貢献し、何が貢献していないかを分析します。例えば、最も利益を生み出してくれる顧客に対して最も利益に貢献していない顧客は誰か、といった分析です。徹底的な収益性分析は、知見に基づくポジティブなアクション、例えば変化する顧客ニーズに迅速に対応するアクションへと結びついていきます。また、製品ミックスの有効性を最大化し、製品マージンが失われる領域への対策を講じることができます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

収益性プランニング