×
国を選択してください

生産計画

生産計画は、生産性、在庫管理、リソース全般に関わり、これらが相互に連携しつつ全体として機能することを担保する、全体を俯瞰するプロセスであ、財務・業務・人員に関するKPIとその実際を踏まえながら、生産に関する目標を立てていきます。生産計画の担当者は、生産に求められるリソース、アクティビティ、従業員、原材料とキャパシティを最も効率的に配分することを求められます。


特定の期間に関する生産計画を策定するため、計画担当者は製品ミックス、生産に対するリソース割り当て、スケジュール作成、及び生産指示に関する検討を行う必要があります。


生産計画は、本来あらゆる部門が関わる業務でもあります。すなわち、マーケティング、営業、人事、カスタマー・サービス、業務など各部門が販売見込や顧客オーダー、需要予測、キャパシティなどそれぞれの部門に関連する点について責任を負っています。従って、計画担当者は原材料、購買、エンジニアリング、人事、経理財務、販売、マーケティング、流通などのあらゆる情報にアクセスする必要があります。また、網羅的な計画を策定するために、これらの情報を突き合わせ、比較し、意味を引き出せることも必要となります。更に、需要変動に対応する戦略の選択 – 即ち需要を追いかける生産とするのか、一定水準を維持するのか、その混合とするのか - も求められます。


これらの点を頭に置くと、生産計画を成功させるためには、プロセスとシステムの統合、特に販売システム、財務システムとCRMの統合が不可欠であることが分かります。また、過去の需要や購買行動に関する計測のみならず、これらの将来予測を行うことがもちろん大切です。販売フォーキャストの作成、What-ifシミュレーションによる分析、さまざまな変数を活用できるモデルは不可欠な機能ですが、こうした情報が計画担当者に正確に伝達されること、部門間でデータが共有され閲覧することが出来ることは非常に重要です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

生産キャパシティ計画