×
国を選択してください

計画と統制 (プランニングとコントロール)

計画と統制(プランニングとコントロール)は、経営の機能であり、まず市場の需要を検討し、次に企業がプランニングとモニタリングを通じてそうした需要をいかに満たしていくかについての調整を行います。特に製造業では生産計画とその統制を指す概念として用いられ、S&OP (Sales and Operation Planning)としても理解されています。


ここでいう計画は、日々の業務プロセスを対象としており、製造業で言えばスケジューリング、出荷検査、品質評価、棚卸コントロール、サプライと設備マネジメントなど全般を含みます。ここでいう統制は、これらの項目について、コストと効率の両面から最適化することを確かなものとすることを指します。


企業が市場の需要に応じるべくゴール・ミッションとステップを定めていくのが計画であるのに対し、実行に移した後に必然的に発生する変化に企業が対応することを可能にするのが統制(コントロール)です。換言すれば、企業が計画を受け入れ、更に計画を変更し、迅速に実行していくのを確かめるのが統制です。製造業を例に取ると、計画と統制により、在庫最適化やスタッフのスケジューリング適正化、需要と生産のマッチングが行われ、生産ラインは潤滑に稼働することになります。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

予算とプランニング