×
国を選択してください

業績管理 (経営管理、パフォーマンス管理)

業績管理(経営管理、パフォーマンス管理; Performance Management)は、企業パフォーマンス管理 (企業業績管理; CPM) 同様、企業や部門がその目標やゴールに向けてどういう状況にあるかを把握することで、パフォーマンスを総合的に管理していく包括的な概念です。従来の業績管理よりも幅広い概念であるため、パフォーマンス管理とも呼ばれます。経営管理と近い概念ですが、経営管理は管理するプロセスそのものを指すことが多いのに対し、パフォーマンス管理はデータやKPIを中心に置いた概念です。いずれにせよ、企業経営において何か有効に寄与し、何か寄与していないかを識別していきます。


調査会社のガートナー・リサーチは、「 CPM (企業パフォーマンス管理、コーポレート・パフォーマンス・マネジメント、企業業績管理; Corporate Performance Management) とは、企業のビジネス・パフォーマンスをモニタリングし管理する上で用いられる方法論、指標、プロセスとシステムに関する総称である。CPMを可能にするアプリケーションは、戦略的にフォーカスされた情報を事業プランへと落とし込み、また集計された結果を送付する。これらのアプリケーションはプランニングとコントロールのサイクルの多くの要素へと統合され、あるいはビジネス・アクティビティ・モニタリングや顧客関係の最適化のニーズに対応する。CPMは、これらのプロセス、方法論と指標をサポートする機能を提供する、分析アプリケーションのスィートによってサポートされなければならない。」と指摘しています。


パフォーマンス管理は、戦略的な目標と企業の優先度に基づいて各部門・各製品ライン・リソース・各システム及び従業員の調整と一体化を目指します。これは、一歩先を見据えながら意思決定を行いたい企業にとっては必須の機能であると言えます。そこで求められるビジネス上の計算、What-if型シミュレーションによる試算、フォーキャスト、プランニング、正確度の高い予算編成といった能力は、その大部分が業績データを収集し理解する力がどこまでビジネスに備わっているかに依存していると言えます。ビッグデータ時代を迎え、市場のグローバル化とデジタル化が更に進む中、企業全体に関する各種の業績データを整理し、確認し、レポートするパフォーマンス管理は、不可欠な存在になっています。


CCH Tagetikがどのように以下を提供するかを知る:

企業パフォーマンス管理ソフトウェア