×
国を選択してください

会社間リコンサイル(会社間突合)

会社間リコンサイル (IC reconciliation; 会社間突合) は、親会社の下の二つのエンティティが取引を行った結果についての数字を突合することです。通常、一方の子会社が販売者となり、もう一方が購買者となります。財務諸表に正確な数値を記載する上では、その数値が突合される必要があります。理想的には、この突合は取引レベル(トランザクション・レベル)で実施されることが望まれます。この突合プロセスは、通常月次もしくは毎四半期実施され、各子会社の総勘定元帳を活用しながら会社間取引を消去していきます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算