×
国を選択してください

会社間照合

会社間照合とは、消去とリコンサイル(突合)を目的として、連結対象関連会社間の取引を記録した上で、レポーティング・エンティティ間での照合を実施することです。各子会社においては、債権、債務、売上、購入に関する会社間取引の記録を相互に保持しておく必要があります。連結される際に、これらの活動は照合され、消去されます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算