×
国を選択してください

会社間消去

会社間消去は、グループ内の子会社間の取引を除去する、親会社における連結のプロセスです。ここでいう会社間取引は、同一の親会社を持つ二つの会社間で発生します。このプロセスの本質は、入力データを連結した後には、グループ外の第三者との取引のみが残されるように保証することにあります。すなわち、第三者との取引として「実現」されるまでは、支払・債権・損益が連結財務諸表上認識されないことになります。


会社間消去には、三つのタイプがあります。

  • 会社間債権債務: グループ内部の債権・債務を消去します。
  • 会社間売上・費用: グループ内部の販売を消去します。
  • 会社間投資・資本: 子会社から親会社への配当等を消去します。

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算