×
国を選択してください

IAS / IFRS

国際財務報告基準 (IFRS: International Financial Reporting Standards) 及び国際会計基準 (IAS:International Accounting Standards) は、財務に関する規則・プロトコル及びコンプライアンスの標準であり、財務報告指標を当初はグローバルに調和させ、その後収斂させていくことを目的に制定されました。IFRSは、ifrs.orgによると、「国際会計基準審議会(IASB:International Accounting Standards Board)により開発され維持されている、一元化された会計基準であり、先進経済、新興経済、発展途上経済のいずれにおいても、国際的に一貫して適用可能となることを意図している。これにより、投資家、その他財務諸表の利用者が、公開企業の財務パフォーマンスについて、国際的に同等の基盤の上で比較することが可能となる。」であるとしています。


これらの基準は、以下の目的のために、財務報告における指標の差異を削減することを狙いとしています。

  • 統合された競争市場の発展を促進
  • 財務情報の透明性を促進
  • 投資家の保護
  • 多様な領域、複数のEU諸国で事業を展開しているような企業の財務評価を相互に比較可能とすること

IASとIFRSとの差異は何か?
国際会計基準審議会(IASB:International Accounting Standards Board)によって発行されている会計基準は、IAS (国際会計基準、International Accounting Standards) として知られています。IASはもともと国際会計基準委員会 (IASC; International Accounting Standards Committee) により1973年から2001年にかけて制定されてきましたが、2001年、国際会計基準審議会 (IASB)が設立されIFRSの発行母体となり、IFRSが誕生しました。この時点で、IASの基準が取り込まれると共に、IFRSの名称で国際会計基準が制定されることが合意されました。IFRSにおける新たな基準・指針及び加えられた変更は、従来のIASよりも選好されることとなりました。1.


1. https://www.linkedin.com/pulse/difference-between-ias-ifrs-pari-gholipanah 


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示とコンプライアンス