×
国を選択してください

人材プランニング(HRプランニング)

人材プランニング(人材計画、HRプランニングとも呼ばれます)の目的は、スタッフの配属、雇用、配分と保持を最適化し、人事管理を直接企業の戦略的ビジョン全体に結び付けることです。効果的な人材プランニングは、大きく言って、企業の現況を分析しそうした状況が将来に向けてどうなっていくかを予測する、プランニング担当者の能力に依存します。人材プランニングは、人材余剰や不足を避ける上でいかなる人材が必要となるかについて見定め予測するために行われます。


大局的見地から見た人材プランニングの主な目的は、組織のゴールをサポートすることです。これを効果的かつ現実的に行うためには、人材マネージャーは人材供給と人材キャパシティについて効果的に分析し、また人材への需要と要求を予想しなければなりません。多くの場合、何が欠けているかのギャップ分析の実行が求められ、またそうしたギャップを埋めるための戦略立案が必要とされます。


これは、リストラクチャリング、リクルート、ポリシー、アウトソーシング、そして言うまでもなくテクノロジーの活用の組み合わせにより成し遂げることができます。どの手法を採用するのかについては、人事部門は人材変動、退職率、契約、そして詳細な従業員レベルの変数 – 例えば給与、休暇、賞与、福利厚生、採用、異動等の主要ドライバーを分析する必要があります。その後、これらの要素を戦略計画、損益、そしてキャッシュポジションといったコンテクストへ落とし込まなければなりません。このコンテクストへの落とし込みとパフォーマンス予測が可能となって初めて人材マネージャーは人材プランニングを次のレベルへとアップすることが可能となるのです。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

ワークフォース・プランニングと人材プランニング