×
国を選択してください

ギャップ分析

現在の状況と目標とする状況を比較するギャップ分析においては、以下のような問いを投げかけます。「どうやってその状況に到達できるのか?」 換言すれば、ギャップ分析とは事業の現状がどのようなものであって、いかなる状況を目標とし、そしていかにしてその状況に到達することができるのか、を検討するプロセスです。ギャップ分析においては、以下のようなパターンで質問がなされ、これはニーズ評価とも呼ばれます。

  • 現状: どの領域、製品、財務もしくはプロセスの改善が望まれるか?
  • 目標とする状況: 将来、そうした領域、製品、財務もしくはプロセスがいかなる状況であることが望ましいか?
  • ギャップの判別: 何がその目標とする状況に到達することを妨げているのか?どの領域、リソースもしくは能力が不足しているのか?
  • ギャップを埋める: その目標とする状況への到達を可能とするために、可能性のあるソリューションは何か?

ギャップ分析に内在するのが、差異レポート、KPIレポート、ビジネスモデリング、ドライバーベースのプランニング、配賦、What-If分析・シミュレーション、ベンチマーキングデータ、リアルタイムデータ、履歴データを使いこなせることです。


CCH Tagetikがどのように以下を提供しているかを知る:

パフォーマンス管理ソフトウェア