×
国を選択してください

フォーキャスト(予想、見込み)

フォーキャスト(予想や見込みとも呼ばれます)は、しばしば予算・プランニングと共に実施されるプロセスで、過去と現在のデータ、傾向分析及び経営幹部による洞察を活用し、あらゆる種類の指標について将来の状況を予測します。


フォーキャストには、主に三種類の異なるテクニックが用いられます。

  • 定性的アプローチ: 市場調査もしくはデルファイ法(専門家の見解の集計)、国勢調査データ等
  • 時系列分析と予測: 履歴データ、傾向予測、ボックス・ジェンキンス法、X11手法等
  • その他各種のモデル: 回帰モデル、計量経済モデル、入出力モデル、ライフサイクル分析等

気象予報と同様に、財務フォーキャストとは正確な予測をする科学ではないため、フォーキャストに不確実性が存在することに言及するのは一般的なやり方です。エラーを削減しフォーキャストの正確性を向上させるためには、正確な履歴データ及びリアルタイムのデータにアクセスすることが非常に有用です。加えて、ローリング・フォーキャストや長期フォーキャスト、シナリオ・シミュレーション、イベントのストレステストを結合することで、フォーキャストは更に強化され、事業や経済環境、KPIの変化に対して、より反応性が高く、アジャイルなものになります。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

モデリングとフォーキャスト 予算とプランニング