×
国を選択してください

財務プランニングと分析

財務プランニングと分析とは、資産、負債、費用と収益の分析を通じて、企業の長期的な財務戦略をその戦略目標に基づいて策定するプロセスであるというのがその最も基本的な定義です。しばしば、それは財務を現実に即してフォーキャストすること、及び長期的な目標を財務的な視点から分析することを伴います。特に、現実の財務の観点から、そうした目標が有効であるかどうかを検証することを目的とします。


財務プランニングと分析は、以下を伴います:

  • 事業環境と財務的傾向について、内部及び市場の外部環境両面から分析すること。
  • ビジョンと目標の達成に必要とされるコストとリソースを認識し割り当てること。
  • 進捗をトラックし将来の意思決定を評価するための予算と経営管理レポーティングのメカニズム。
  • キャッシュフローの分析とフォーキャスト。
  • 将来の財務プランニングを改善するため、傾向や異常値を検知すべく企業の財務データを確認すること。
  • ビジネス上の意思決定の効果を理解するため、財務データの「What If」シミュレーションを行い、財務シナリオを検証していくこと。s

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

予算とプランニング