×
国を選択してください

財務プランニングとコントロール(統制)

企業の観点からは、財務プランニング(計画)とコントロール(統制)とは、その財務的及び戦略的な目標を達成するために設定されるステップ、手段と境界を指します。通常、財務プランは企業のビジョンに基づいて策定され、その目標に到達するために必要となるあらゆるアクティビティ、プロセス、スタッフ、IT、その他のリソースと関連するコスト、スケジュールによって構成されます。それに加えて、財務プランは短期的及び長期的な経済環境を分析し、その他の指標により影響を受けることがないかについても確認します。多くの企業にとって、財務プランは、利害関係者に売上を上げるための労力を明示するものでもあります。

財務プランの基礎となるのは、キャッシュフロー計算書、損益計算書とバランスシートです。これらは利害関係者にその企業の売上、負債と資本について真の姿を見せるものでもあります。しかし一方、利害関係者の立場からは、真に知りたいのは、これらの数値により企業の方向性がどのように影響を受けるか、ということであり、それがキャッシュフロー・収益・バランスシートのドライバーを予測することが財務プランにおいて不可欠となる理由でもあります。


The マネジメント学習ガイド(MSG; Management Study Guide)では、財務プランニングとコントロールの主な目的として、以下を掲げています:

  • 必要となる資金の見極め (短期的及び長期的な資金のニーズ)
  • 資本構造の決定 (負債 – 資本比率)

  • 財務ポリシーの策定 (キャッシュコントロール、貸出、借入)

  • コストと支出をコントロールすることで、財務的リソースのROIを最大化


キャッシュフロー分析