×
国を選択してください

財務パフォーマンス管理(ファイナンシャル・パフォーマンス・マネジメント)

財務パフォーマンス管理(ファイナンシャル・パフォーマンス・マネジメント) とは、企業が組織全体の財務上の結果について管理する手法を指します。その主目的は、実績と、予算・フォーキャストとを比較し、企業がその財務上のゴールに到達するためによりよい体制となるような調整を行っていくことです。


調査会社のVentana Research社は、財務パフォーマンス管理とは「企業のKPIを定義し、戦略プランとフォーキャストを取りまとめ、業績報告を取り扱い、全社の財務・業務効率と実行力を向上させるという特定の能力のセット」であると述べています。


もちろん、財務結果について多次元の分析を行うための、履歴データ、リアルタイム情報とフォーキャストのミックスでもあります。コラボレーション型開示管理の活用により、キーとなるプロセスである決算、連結、レポーティング、プランニングと分析を統合した、財務開示管理も意味します。


財務パフォーマンス管理が最適に行われる場合、組織には以下のような数多くの恩恵が得られます:

  • よりアジャイルとなる。シナリオ・モデリングやローリング・フォーキャスト、What-ifシミュレーションを通じて、予期せざる事業上の出来事に直面した場合の対応力が向上する。
  • 業務の複雑性にとらわれない。経営幹部がアクションを取る場合に、より戦略的な機能を果たせるようにフォーカスする。
  • 背後に潜む傾向をつかむ。大量のデータを迅速に解釈していく。
  • 複数の部門を一つのビジョンの下に統合する。常に意識の中心に財務を置くことで、中核的なゴールと財務面の現実に基づいた意思決定を行う。

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

財務パフォーマンスプラットフォーム