×
国を選択してください

ファイナンシャル・インテリジェンス

これらの数値は何を意味して、これらについて何をなすべきなのでしょうか?ファイナンシャル・インテリジェンスとは、よりよいビジネス上の意思決定を行うために、企業幹部及び従業員が会計の諸原則について理解し、それに基づいて行動していくという能力を指します。財務や会計について正式な教育を受けたことがない幹部や従業員であっても、財務情報に接した際に、最も適切なアクションを分別可能とするために、財務に関して十分な理解が必要です。


ファイナンシャル・インテリジェンスの利点とは、ピーター・ドラッカーがその著書「現代の経営 (The Practice of Management)」でその概念を確立したように、もし誰もが数値が何を意味するのか、及び組織の全体目標が何であるのかを理解すると、財務的な立ち位置を改善するように振る舞うであろう、というように考えられます。


これをより実際に当てはめて考える上で、コンサルティング会社のB2BCFOは、ファイナンシャル・インテリジェンスを以下の四点によりまとめています。

  • 基盤: 基本的なビジネス尺度を知っていますか? それには、損益計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書、及びキャッシュと利益の差、バランスシートがなぜ実際にバランスしているのか(万一していないとするとなぜか)、といった内容が含まれます。
  • アート: アートである一方、科学でもあります。ファイナンシャル・インテリジェンスとは、適用される前提について理解していて、そこでまた異なった前提が異なる結論を導くことについても知っていることでもあります。
  • 分析: 収益性、レバレッジと流動性を計算し、数値をより深く分析できることです。
  • 全体図「 Big Picture」: 実際の経済環境、競合環境、顧客ニーズの変化といった文脈の中で、これらの数値は何を意味するのでしょうか?

最新のファイナンシャル・インテリジェンスのツールは、より簡単に会計データから意味を引き出してくれます。複式簿記ロジックの利用、通貨換算、影響度測定、管理、リーガル・エンティティ構造に基づく集計、期間によって変化するヒエラルキーの設定などを自動化し、経理財務チームの業務を改善しています。


FINANCE TRANSFORMATION PLATFORM