×
国を選択してください

決算早期化

決算早期化には多くの利点がありますが、企業が数字を取り扱う作業の山に埋もれずに、実際の財務の数字に基づいた分析とアクションを行う能力を高める 、というのもポイントです。決算早期化は、企業がその会計サイクルを完了しブックを成功裏にクローズするスピードを高めることです。もちろん、財務数値の正確性を犠牲にして早期化をすることはあり得ません。従って、多くの先進的な財務組織は、連結のようなキーとなる財務プロセスを自動化し、人手による入力の必要性をなくすことで、実際にプロセスを改善しています。今や、企業は会社間照合、通貨換算、ヒエラルキーや種々の勘定科目体系の定義といった、従来は工数を要しエラーが生じがちだったタスクを、自動化しています。


決算早期化に求められる主な機能には、以下があります。

  • データの一元化
  • 会社間照合と消去
  • 通貨換算と多通貨サポート
  • リーガル・エンティティ構造定義
  • リーガル・エンティティと報告提出ユニットの定義
  • 複雑な会社持分関係をサポートする、制限のないヒエラルキー
  • 主要勘定科目間にコントロール・グループを定義

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算