×
国を選択してください

エンタープライズ・リスクマネジメント

エンタープライズ・リスクマネジメントは、リスクを識別し、リスクへのエクスポージャーを軽減し、リスクの影響を最小化し、そしてリスクが現実のものとなった場合に備えた準備をするビジネス戦略であり、プランとプロセス、コントロールから構成されます。エンタープライズ・リスクマネジメントは、営業からオペレーション、マーケティング、競合、規制、顧客、そして言うまでもなく財務的損失とキャッシュフローを含む、組織のあらゆる領域と関係します。


エンタープライズ・リスクマネジメントのゴールは、ビジネスを有害なリスクから保護できるよう、リスクを識別しプランを立てることです。エンタープライズ・リスクマネジメントは、通常、リスク識別、リスク発生の可能性評価、影響度評価、対応戦略、及びリスクを確実に回避するプランを伴います。


リスクによっては、自然災害のように、保険によって管理できる場合があります。しかし、サプライチェーンやキャッシュフロー、従業員、そしてもちろんビッグデータに関連するリスクが存在します。エンタープライズ・リスクマネジメントは、しばしばデータの正確性と内部統制に関する議論を引き起こしますが、それは外部の利害関係者が自分自身の利益が直面しているリスクを認知するように、企業が正確にリスクをモニタリングし管理することを確保する、という点で、再びSOX法その他の規制に基づくアクションへと舞い戻ってきます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示とコンプライアンス