×
国を選択してください

EBA (欧州銀行監督機構)報告

EBA (欧州銀行監督機構; European Banking Authority) は、監督報告(規制報告)のカテゴリーに属するFINREPCOREPを含む報告様式一式を発行しました。これらの監督報告は、金融機関、すなわち銀行、証券会社、保険会社、投資会社、並びに政令385/93の第107条で定められるその他の金融仲介会社についての認知と報告様式を取り扱います。


この統計的な監督報告は、バランスシートと損益計算書の連結データ、また当該銀行グループに所属する個々の企業に関する登記情報についてより詳細を記載します。また、与信品質、証券化、有効なデリバティブ契約、グループ内報告について、より詳細なデータを要求します。また、相続財産に関する健全性監督や安全性分析(ソルベンシー・レシオ)、大型リスク、市場リスク、国際投資のポジションに関連する追加情報も要求されます。


この規制報告は、金融機関をコントロールするエンティティが、当該金融機関の財務状況を分析する一つの手段にもなっています。


銀行業については、バーゼル銀行監督委員会 (Basel Committee on Banking Supervision) により、国際的な基準が定義されています。標準を規定する同委員会は、銀行がその監督機関に提出しなければならない報告に関するガイドラインをルールとして明示しています。現在当局によって強制されているガイドラインの最新のセットはバーゼルIIですが、バーゼルIIIも既に合意されています。この一般的なガイドラインは、国別調整 (Country Specific Adjustments) を経て各国で適用されます。保険業については、ソルベンシー協定が同様のガイドラインを制定しています。


一般的に言うと、これらのガイドラインは以下に関する方向付けを行います。

  • 健全な財務プラクティスの保証
  • 金融機関の資本水準が、取られているレベルのリスクをカバーすることを保証
  • 多様な種類のリスクの相互関係の包含

リスクが現実のものとなった場合に、その損失をカバーする資金が存在することを保証する、というのがルールの方向性です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

EBA (欧州銀行監督機構) 報告