×
国を選択してください

開示報告

開示報告は社内及び社外の利害関係者向けに作成されます。開示報告は企業の事業活動と業績を明示します。また、しばしばその企業の状況や報酬、将来どこに向かっているのかといった情報も含まれます。自発的な開示である場合もありますが、上場企業に関してはSECのような監督当局により義務付けられているある種の報告もあります。開示報告は、投資家と利害関係者が、投資する可能性のある、もしくは関係を持つ可能性のある企業の状況について、知見を得ることを保証することを目的として存在します。


開示報告の例としては、以下が挙げられます。

  • 10K
  • 10Q
  • Proxy circulars (株主総会委任情報回覧)
  • インサイダー取引
  • 目論見書

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示管理