×
国を選択してください

データ可視化(ビジュアライゼーション)

データ可視化(ビジュアライゼーション)とは、まさにその言葉通り、データを視覚的で、グラフ類を用い、見た目にも美しい形式で表現するもので、さまざまな傾向が見た通り明らかとなることを目的としています。文字ベースのデータもしくはスプレッドシート形式のデータそのままでは、傾向や相関関係、パターンなどを見て取るのは容易ではなく、特に多量のデータを取り扱う際には困難さが増します。標準的な可視化の方法は円グラフのようなグラフ・チャート類ですが、より進んだ可視化の手法としてはヒートマップ、地図を利用したグラフや、ユーザーが簡単にスライス・ダイス・ドリリング可能なダッシュボードが挙げられます。フィルタリングはデータの可視化をより容易にし、またインメモリ技術は特定のデータを分析用に迅速にデータベースから抽出するのを実現してくれます。


データ可視化とモデリングを組み合わせることで、ユーザーは過去のデータに基づいて将来の傾向をビジュアルに描くことができます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

分析レポート