×
国を選択してください

コスト配賦

コスト配賦とは、コストを識別し、アクティビティ、部門/人、プロジェクト、あるいはその他のコスト・オブジェクトに割り当てていくプロセスです。収益性を計算し移転価格を引き出すために、コストを部門間で公正に配分するのがその目的です。基本的には、コスト配賦は財務パフォーマンスを測定し意思決定を改善するように働きかけます。


組織には数多くの種類のコストがあります。固定費は、賃借料や保険料のように変わらないものである一方、変動費は、労務費や包装費、原材料費のように生産と結びついたコストです。オペレーションコストは、毎日発生するコストです。例えば、出張費、人件費、光熱費などを考えてみてください。直接費は、必要となる原材料の量のように、製品の生産に直接関わる費用ですが、間接費は会計に関する費用のように、製品に直接関わらない費用です。


活動基準原価計算(ABC; Activity Based Costing) はコスト、アクティビティと製品との関係を認識し間接費を製品に割り当てる、一般的なコスト配賦手法です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

モデリングとフォーキャスト 収益性分析