×
国を選択してください

企業パフォーマンス管理 (コーポレート・パフォーマンス・マネジメント)

調査会社のガートナー・リサーチは、「 CPM (企業パフォーマンス管理、コーポレート・パフォーマンス・マネジメント、企業業績管理; Corporate Performance Management) とは、企業のビジネス・パフォーマンスをモニタリングし管理する上で用いられる方法論、指標、プロセスとシステムに関する総称である。CPMを可能にするアプリケーションは、戦略的にフォーカスされた情報を事業プランへと落とし込み、また集計された結果を送付する。これらのアプリケーションはプランニングとコントロールのサイクルの多くの要素へと統合され、あるいはビジネス・アクティビティ・モニタリングや顧客関係の最適化のニーズに対応する。CPMは、これらのプロセス、方法論と指標をサポートする機能を提供する、分析アプリケーションのスィートによってサポートされなければならない。」と指摘しています。


ガートナーは、CPMは戦略的CPM (SCPM; Strategic Corporate Performance Management) と財務CPM (FCPM, Financial Corporate Performance Management ) の二種類に分けられるとも規定しています。


SCPMは、CPMソリューションの以下をデリバリするものとされています。

  • 財務予算とプラン
  • 複雑な財務予算とプラン
  • 統合された財務プラン、モデリングと分析
  • 統合
  • 容易な実装
  • 容易な利用
  • 容易な保守とアップグレード
  • サポートと高いベンダー満足度
  • エンタープライズ・スケーラビリティ

一方、FCPMはCPMソリューションの以下についデリバリするものとされています。

  • ある程度複雑なFCPM
  • 複雑なFCPM
  • プロセス分析
  • クラウド対応
  • 容易な実装
  • 容易な利用
  • 容易な保守とアップグレード
  • サポートと高いベンダー満足度
  • エンタープライズ・スケーラビリティ
  • 統合

FCPMとSCPMの複雑な関係については、こちらを読んでください。


CCH Tagetikがどのように以下を実現するかを知る:

企業パフォーマンス管理ソフトウェア