×
国を選択してください

コンプライアンス・レポート

コンプライアンス・レポートとは、監督当局や官公庁によって定められる規則、標準、法律、規制などに準拠することを目的として企業によって作成されるレポートを指します。こうしたコンプライアンスに準拠できなかった場合には、企業は罰金や収監をも含むペナルティを監督当局によって課せられます。コンプライアンス・レポートは、しばしばコンプライアンス・オフィサー(コンプライアンス担当役員)によって完成されます。そうしたオフィサーは、企業が準拠すべき規制について常に把握し、その企業で実行されているプロセスやコントロールによりコンプライアンスが達成できているかどうかを決定するという任をもっています。コンプライアンス・オフィサーは企業が国内外の規制に準拠していることを確かなものとし、かつ内部統制とプロセスがこうした規制への準拠を担保しているかどうかを評価するという責任を負っています。コンプライアンス・レポートの目的には、1.プロセスの説明責任を保持する 2.それらが途中で毀損されないようにする 3.コンプライアンスへのリスクが存在する場合には、警告を発し変更させる があります。コンプライアンス・レポートは、しばしば経営陣、取締役会及び監査委員会のメンバーに提出されます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

開示とコンプライアンス