×
国を選択してください

コラボレーション型開示管理

開示管理とは、外部に開示する報告に関するデータを管理し、開示基準に準拠した報告を作成するプロセスであると言えます。コラボレーション型開示管理とは、この開示管理をコラボレーション型で行うもので、開示に求められる部門間の協同作業を認識し、円滑に実行し、さらに最適化していきます。すなわち、あらゆる部門、地域と事業ラインが、協同して情報を提出するプロセスであると言えます。一般的には、コラボレーション型開示管理は、以下のような機能をもったソフトウェアを活用することで実現可能となります:

  • 開示に関係するプロセスを統合(データ収集、連結、レポーティングと分析) し一つのシステムで完結できるようにする
  • 全ての情報提出者に、財務データと事業データを含む業績情報を一元管理するデータベースを提供する
  • 一つのドキュメント内で複数の情報提出者が互いにコミュニケーションを交わしながら作業するような場合でも、同時に情報を提出可能とする
  • 管理者に、あらゆる情報提出者の活動ログについての監査証跡を、メタデータに至るまで提供する
  • ボトルネックとなる部分を削減し、締め切り超過を防止する
  • 情報提出者が計画通り作業できるようにし、また財務部門の幹部がプロセスのワークフロー及びシステム間の承認についても熟知するように管理する

コラボレーション型開示管理は、ともすると統率がとれない開示管理プロセスについて、プロセスを連動させ人々の連携作業を実現する点で、組織にとって有意義です。コミュニケーション・ログの追跡、常に最新化される財務データのデータソース、データ・リフレッシュの自動化、レポートの一元化、情報提出者の状況の記録 – こうしたことが実現され、開示がより正確になるのはもちろん、より迅速になり、不安も減らせます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

コラボレーション型開示管理