×
国を選択してください

クラウド型業績管理

クラウド型業績管理 -もしくはCPM - は、端的にいえば企業の会社全体の業績を、クラウド型のソフトウェア・ソリューションにより、モニタリングし測定することをいいます。


財務の立場からは、クラウド型業績管理ソリューションでベストと言えるのは 一元化されたデータを活用し、また経営幹部が予算・プラン・フォーキャスト・報告・モデルや分析を作成できる自動化された、また事前構築済みの機能を特長とするものです。そうしたソリューションは、財務部門の幹部が情報を集めるための時間を節約し、より多くの時間を分析と業績の改善にあてられるようになることを目標としています。


そうしたソリューションは、以下のような特徴を備えています:

  • ダッシュボードとアラートのメカニズム
  • リアルタイムのデータ
  • 大量のデータをピボット・ドリリング・スライス&ダイスするためのインメモリ技術
  • データのパターンや発見した中身を視覚的なレポートに落とし込む
  • 営業戦略と財務戦略の連携
  • キーとなるプロセスを統合 - 予算、プランニング、フォーキャスト、連結、報告、その他を含む

ここで、クラウド型ソリューションであるため、よりスケーラブルでアジャイルであるとの特長があり、事業の流れに遅れずについていくことが可能です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

クラウド型業績管理