×
国を選択してください

決算から開示のプロセス

「決算から開示のプロセス」とは、財務部門における財務のクローズ(締め)から、連結、報告、開示のあらゆるタスク、プロセス、活動とワークフローを意味しています。このプロセスは、複数のプロセスを連動させなければならない中でエラーを生じやすいにもかかわらず、従来はスプレッドシートと手作業に頼り、他の仕組みから切り離され、統率のとれていないやり方で実施されていました。


そこでは、しばしばプロセス間のコミュニケーションが結合されていませんでした。例えば、月次の売上合計をEメールで尋ねることを想定してください。カット&ペーストの静的なプロセスにより得た数字を、財務部門の幹部がそれをレポートに入れるようとするかもしれませんが、その際ちょっとした調査が必要になる可能性もあります。しかし、その後その数値が変わっていたとしたら?あるいは、ちょっとした間違いを含んでしまったら?ここで、自動化されかつ一元化されたデータソースを利用し、かつプロセスが相互に連動しているCPMのソフトウェアを活用することで、エラーなく、より監査やデータロードも容易に、こうした複数のプロセスを効率的に管理できるようになります。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

連結と決算 開示管理