×
国を選択してください

キャッシュフロー

キャッシュフローは、正味キャッシュフローとしても知られ、ある特定の期間において流入・流出する現金をモニタリングするプロセスです。


キャッシュフローはビジネスやプロジェクトの業績を測る物差しとして活用, され、またしばしば流動性を監視し、事業を継続するために十分な現金が利用可能であることを担保するために活用されます。キャッシュフローは、事業の成長性を測るためにも用いられ、そもそもその事業の成長が可能であるかどうか、あるいは費用を支払うために何らかの手段を取る必要があるかどうかの検討に活用されます。キャッシュフローがプラスとなることは、全てのビジネスが望むところであり、そのビジネスが健全で拡張していて、新しい投資を行うことも可能であることを示しています。


キャッシュフローは、営業、金融、及び投資の三つの領域から流入します。


キャッシュフローを分析する上で、直接法と間接法の二種類のキャッシュフロー方法論があります。キャッシュフロー計算書を検討する際、直接法においては、顧客からの現金流入額とサプライヤーへの現金支払額がリスト化され、純利益は営業活動によって生み出されるキャッシュとリコンサイル(突合)されます。一方、より広く用いられている間接法においては、純利益がまず記載され、その後に調整 – バランスシート項目を加減する - が行われ、数値を発生ベースからキャッシュベースへと変換します。この手法は、減価償却のような要素を組み入れるのに適しています。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

キャッシュフロー分析