×
国を選択してください

設備投資プランニング

我々はあの新製品を購入する余裕があるのか?あの機械を更新する?新しいテクノロジーに投資する?設備投資プランニング(固定的支出プランニング)は、企業の長期的プランと投資に対応するために策定される予算です。予算は主な支出に関して策定されますが、しばしば設備投資プランではこうした投資プランが実行可能であるかを示します。


以下の全てが同等に取り扱われるわけではありませんが、正式な設備投資プランニングには以下のような手法が含まれます: 正味現在価値、修正内部収益率 (MIRR; Modified/Internal Rate of Return)、会計上収益率、回収期間、収益性指標 (PI; Profitability Index)、同等年間回収額 (Equivalent Annuity)、リアル・オプション分析。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

設備投資プランニング