×
国を選択してください

ビジネス・インテリジェンス (BI)

ビジネス・インテリジェンスツール (BIツール)は、検索・レポート・分析機能を兼ね備えたツールを指すことが一般的ですが、その企業のビジネス・インテリジェンス(BI)の本質とは、純粋な生データを、いかにして意味がありアクションを起こせる情報へと、また指標へと変換するかということであり、企業のビジネス・インテリジェンス活用力とは、こうした変換を起こす企業の能力であると捉えることができます。こうした変換を実現するために、企業は理論、方法論とテクノロジーの組み合わせを活用します。


ビジネス・インテリジェンスは、企業が収集するデータの量が増大するにつれその重要性が高まってきました。すなわち、出現したデータの山をどうビジネスに活用できるか、その背後にある意味をいかにして可視化し分かりやすく表現するかという課題に応えるためにその活用が進んできました。多量のデータを持つ利点として、データから引き出せる洞察と潜在的なパターンが言わば無限ともいえる点がありますが、そこから効率よく意味を引き出すことが大きなチャレンジとなりました。そこで、ビジネス・インテリジェンス技術が発展してきたのです。

ビジネス・インテリジェンス技術は、企業が多次元の観点による事業の分析が行えるように、過去のデータと予測データを体系づけます。レポーティング、可視化、ダッシュボード、分析、データマイニング、スライス&ダイス、ベンチマーク等を通じて、ビジネス・インテリジェンスは膨大な量のデータを整理し、そこに潜んでいる傾向を見出し、アクションを起こす手助けをしてくれます。


    テクノロジーとインテグレーション