×
国を選択してください

予算編成プロセス

予算編成プロセスは、計画、フォーキャスト及び予測の結果について数値化を行うプロセスであり、本来は非常に入り組んだものです。それであるがゆえに、予算は将来のあらゆる活動と目標の基礎となり、また、各従業員、各部門、事業ラインの方向性とアクティビティを決定する上で中核をなします。


そのプロセスは企業によって異なりますが、一般的な予算編成サイクルを示すと以下の通りとなります:

  • トップダウン、ボトムアップ: 企業はまず最初に、情報のフローについて、上級マネジメントによって企業目標として決定されるのか、あるいは各部門が自身の目標設定を行うのかについて決定する必要があります。
  • KPIの策定: 製品ライン別、地域別あるいは機能別などで検討します。
  • 履歴データ、財務データの収集: あらゆる部門、システム、機能、事業ラインから収集します。これには以下のような情報が含まれます:
    a. 業績データ: 売上、顧客、地域、製品等
    b. 費用データ: 直接費、間接費、固定費、変動費用
    c. 業務データ: 人事, IT
  • 予測とフォーキャスト: 過去の業績、費用、業務データ等を活用し、企業は増分予算を編成することが可能です。もしくは、あらゆるニーズとコストを分析することで、ゼロベースでの予算を一から策定可能です。両者を組み合わせるハイブリッド型のアプローチにより予算を策定する企業もあります。経済環境、競合他社情報、業界動向もこの重要なフェーズにおいて検討されます。ここから、企業は損益分岐点を導き出すことができますが、そうしたタスクは統合データソースによる自動化されたソリューションを活用することではるかに容易に実行できます。

予算編成に携わるマネージャーが継続的に自身の業績について効果的に評価可能である場合、リソース配分、目標設定、そして言うまでもなく結果についても改善を図っていくことが可能です。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

予算編成とプランニング