×
国を選択してください

予算編成

予算編成とは、予め定められた特定の期間に関して、関連する部門が協同し売上と費用を見積もるプロセスです。そのゴールは共通して理解されるターゲットを確立し統一していくことにあります。予算編成プロセスにおいては、リソースの評価、目標の優先度設定、及び目標と成果の差異についての分析が行われます。


予算編成の目的を整理すると以下のようになります:

  • 計画する: 事業部門の予算は目標を定め結合し、以降の活動のための計画を作成するためのリソースを見定めることから開始されます。
  • コミュニケーションする: 予算は組織全体でコミュニケーションが行われ、それぞれの部門の目標を反映するものでなければなりません。
  • 動機付けする: 予算編成においてはビジネスのゴールに関する知識が広く共有され、財務数値を伝達することでマネージャーをガイドします。
  • 調整する: 予算編成においては、あらゆる部門・ビジネスユニットを調整し一丸とさせ、より高いレベルのゴールへと向かいます。

マスター予算(総括予算)は、以下の三つの要素から構成されます:

  • 業務予算: 収益及びそれに関連する財務上の諸要素についてプラス要素、マイナス要素を定義し、アクションプランの策定へとつなげます。
  • 投資予算: 第一に、予算編成者は、当該項目を企業構造に取り入れる上で必要となる工数について定量化します。次に、当該項目が安定的な状態となる最終的な構造に求められる財務面のリソースについて定義します。
  • サマリー報告: これには、キャッシュ予算、キャッシュフロー・フォーキャスト、バランスシート・フォーキャストなどを含みます。加えて、予算編成者は売上と費用の見積、事業開始と終了、結果としての収益に関する検証、財務・資本に関するアクションプランと投資などを結合して報告します。

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

予算編成とプランニング