×
国を選択してください

ビッグデータ分析

ビッグデータ分析とは、ビジネス上の意思決定をプラスの方向にドライブしていくために、多量のデータをドリリング、精製、ふるい分けを行っていきそこから意味を引き出し、そこに潜んでいる傾向や洞察、ビジネス上のパターンや顧客行動などを明らかにしていくプロセスのことです。情報が爆発的に増加することで、その情報を活用し、製品のパフォーマンスから顧客行動、リスク管理に至るまであらゆることについて予測・理解し改善していくという可能性が生まれています。


ビッグデータ時代においては、伝統的なレポート手法では十分ではありません。そうした伝統的なやり方は、今や捕捉できかつアクションを起こすことができる利用可能なデータの膨大な量の前に簡単に圧倒されてしまいます。ダッシュボードやレポートは必須のものですが、それらだけでは過去の情報を見て未来を予想するという力が不足しています。先を予測する性格のものではないからです。


ビッグテータ分析に着手しましょう。ビッグデータ分析は、最初は毒にも薬にもならぬように見える、あるいは大海の一滴としか見えない情報を結合していくパワーをビジネスに与えます。セルフサービス、シナリオ・モデリング、インメモリ技術、リアルタイムの情報とデータ可視化 といった機能がビッグデータ分析に求められます。必然的にビッグデータ分析がプロセスに最大のインパクトを及ぼすのはガバナンスです。それなくしては、洞察力や傾向が中途半端なものに終わってしまいます。あるべき姿で行われると、企業は顧客とのつながりを深めたり、オペレーションを最適化したり、リスクを軽減したり、あるいは新しい収益の源を発見することさえもできるような力を深めていく無限の可能性を持つ洞察を活用できる可能性が開けます。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

分析レポート