×
国を選択してください

バーゼル III

バーゼルIIIとは、バーゼル銀行監督委員会が2010年に定めたバーゼル合意の第三版あり、金融及び経済リスクを軽減することを目的に制定されました。2008年の金融危機を受けて2010年に導入されたバーゼルIIIは、以下の三つの柱により構成されています:

  • 一点目: 最低自己資本規制と資本の適格性についてのアウトライン
  • 二点目: 規制当局による資本適格性評価の監督要件を確立
  • 三点目: 資本構造の厳格な開示により、より範囲が拡大された市場規律を課する。適格性とリスクアセットが監督当局より要求される。

バーゼルIIIの主な目標は銀行の透明性を更に改善することであり、いかにして経済的ストレスに対処し、広範囲に拡大する危機を回避するために個々の銀行を強化するかということにあります。バーゼルIIIは、いわゆる「トゥー・ビッグ・トゥー・フェール」と呼ばれるような銀行も含む、全ての銀行の説明責任を明確にする上でとりわけ有用とされています。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

バーゼル III