×
国を選択してください

バーゼル II

バーゼルIIとは、バーゼル銀行監督委員会が2004年に定めたバーゼル合意の第二版であり、金融及び経済リスクを軽減することを目的に制定されました。2004年に施行されたバーゼルIIは、バーゼルIを拡張したものであり以下の三つの柱からなります:

  • 一点目: 最低自己資本規制
  • 二点目: 規制当局による監督
  • 三点目: 市場規律

バーゼル IIにおいて課せられた最低自己資本規制は、バーゼル合意の根幹をなすもので、銀行が法定自己資本をリスクアセットで除することで得られる最低自己資本比率について銀行が維持することを求めています。バーゼルIIは、現在バーゼルIIIで置き換えられています。


CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:

バーゼル III